コンフォートシューズ

コンフォートシューズと呼べる靴の条件
1. 足の形に靴が合っていること。ゆびを締め付けない形であること。
2. 足裏の形に則した自然なフットベットを使用していること。
3. 健康を阻害しない、適切なヒールの高さであること。
4. 弾力性のある靴底であること。
5. かかとの支えがしっかりしていること。
6. 通気性がよく、ムレにくいこと。自然の素材を使用していること。

7. 靴を合わせるための適切な加工ができること。 

FinnComfort

多彩なカラーと風合い。



Finnamic

自然なローリング歩行、歩いて健康をサポートします。

秋冬の季節を演出する横顔が美しいミッドカット

フィンコンフォート

装いに合わせて、デザインと履き心地を兼ねそなえたコンフォートシューズ

ワリン

革新的なブランド(デンマーク)

ヘルスケアスニーカー(除圧用靴)関節や骨への負担を軽減しました。

足裏への負荷が42%、軽減されます。

Ganter  ガンター

Ganter  ガンター

コンフォートシューズのパイオニア「ガンター」が90年余りに渡り培ってきた足に最高の環境作り。

医学的アプローチによる設計です。足の呼吸を妨げない、川とコルクのインソール使用。

FIZZREEN

おしゃれで個性が光るパンプス、すっきりとしたシルエット、ソフトで柔らかい皮革が優しくフィット。

ビジェバノ

柔らかい本革を使用している為、足当たりが良く快適な履き心地。

remonte

つま先にゆとり、クッション性、軽さ、靴底の返りの良さ
快適性と美しさを併せ持つコンフォートシューズ。

riker

アサヒメディカルウォーク

人のひざには、Screw Home Movement(スクリュー ホーム ムーブメント)という働きがあります。
これは、“ひざの正常な回旋運動”を表す医学用語です。かかとが地面に着くとき、太ももの骨(大腿骨)に対し、
ひざ下の骨(脛骨)が外側に少し開く動作をいいます。この働きにより、ひざへの負担を軽減でき、安定性を確保します。
アサヒメディカルウォークは、皆さんのひざにも必ず備わっているこの仕組みを補助する世界初の機能『SHM機能』を搭載しています。